A型看板について

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店や小売店にて、A型の看板を見る機会があります。横から見た時も、アルファベットのAの形に見えることで、この名称となっていることが由来です。
両面表示ができるため、店舗の紹介をするにあたりオリジナルメニューやスタッフコラムなどの情報を多く掲載しやすい点がメリットです。また歩行者が見る時、両面からお店の情報を得ることができるのも魅力的な要素です。
屋外に設置する場合には、重石を置くタイプがあります。本体が軽量で適度な重みの重石が付いている場合は持ち運びを手軽にすることができ、天候によっては店内にしまうこともできます。さらに重石がつくと安易に倒れず、日常的に屋内でも使用できることが強みです。
ただし外では重石を置いたりしていても、雨風の力が想像している以上に強いものです。看板や重石が飛ばされてしまい、人や物にあたってしまうと相手に傷を与えてしまいます。トラブルを防ぐためにも、日頃から天気予報を確認し、飛ばされる恐れがある場合は屋内にしまうと良いでしょう。

オリジナルA型看板の種類

A型看板の種類は大きく分けて2種類あります。各種オリジナルデザインのものを表面に掲示することで宣伝効果をもたらします。
板面にシートを貼るタイプですが、パソコンでデザインしたものを糊でつける仕組みです。溶剤インクを主に使用しており、直射日光や雨による耐性も高いです。規格サイズに合わない、オリジナルタイプも使われやすいです。また、糊でつけているためなかなか剥がれません。
ポスタータイプは、フレームと寸法を合わせることで、一つのデザインを複数の箇所で使用できます。貼り付けの必要もありません。一方、屋外用A型看板にてポスター面が密閉されていない場合は、雨水が入ります。ラミネート加工による雨水対策は必要です。

様々な業界で使われているオリジナルA型看板

手軽に持ち運びができるA型看板は、開店と同時に設置できて閉店時には簡単にしまうことができます。畳んでもかさばらないので、片づけの際スペースをとりません。
A型看板の魅力は、写真やポスターを掲載できることです。文字だけでは伝えきれない、飲食店のメニューや不動産屋の物件情報を掲載できることも、多くの業界で使われるポイントです。
最近ではお店によって写真やポスターに加えて手書きの文字やイラストをそえるところも増えてきています。店舗スタッフによるオリジナルのイラストやコラムは、機械には作れない人の温かみや独創性をもたらしてくれます。

ピックアップ記事

駐車禁止看板に注水式が多い理由

駐車場や迷惑駐車を防ぐにあたり、駐車場や歩道にてスタンドタイプの看板が使用されていますが、多くは樹脂タイプです。人と車が行き交う場所に設置されていますから、衝撃を受けることで怪我にも繋がりやすくなるた...

A型看板について

飲食店や小売店にて、A型の看板を見る機会があります。横から見た時も、アルファベットのAの形に見えることで、この名称となっていることが由来です。両面表示ができるため、店舗の紹介をするにあたりオリジナルメ...

看板におけるラミネートの役割

屋外に看板を設置するにあたり、雨風対策や見た目を考慮する必要がありますが、紫外線対策も必要です。その一つとして、ラミネートフィルムを使用することがあります。メーカーによってUVあり、機能付きという設定...

屋外看板をデザインする際や設置の際に気を付けること

より多くの人に見てもらうことで看板は大きな宣伝効果をもたらしますが、屋外に設置する際に気を付けるポイントを紹介します。ロードサイドにて設置する場合には、ドライバーが目にする際の視認時間と距離を考慮して...


利点