駐車禁止看板に注水式が多い理由

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駐車場や迷惑駐車を防ぐにあたり、駐車場や歩道にてスタンドタイプの看板が使用されていますが、多くは樹脂タイプです。人と車が行き交う場所に設置されていますから、衝撃を受けることで怪我にも繋がりやすくなるため、樹脂製のものが多くなっています。これには素材の特徴が含まれており、樹脂は破損リスクを抑えてくれる効果があります。また樹脂タイプの中でも注水式で立てる看板なら、ぶつかった際にも被害を最小限に抑えられる効果があります。
持ち運びに便利であることも注水看板が使用されやすい要因です。樹脂スタンドの多くは、注水式、ウェイト取付式です。水を入れていない状態だとスタンドを持ち運ぶ際に軽量ですから、負担が少なくなります。看板も樹脂でできていると、出し入れが簡単にできます。

注水看板は目立つデザインが特徴

迷惑駐車や交通法規違反をする際の心理は、看板が無いためちょっとくらい構わないだろうという気持ちから起こります。目立つくらいの明確な表示をすることで、この気持ちを抑える効果をもたらします。
ショッピングモールなどの駐車場にて、障がい者スペースも確保されていますが、駐車スペースを案内する際にも効果があります。樹脂タイプは、色合いを目立たせることができます。表示を明確にすることで、見えなかったから大丈夫という心理を抱かせることを防ぐ役割を担います。
日頃の手入れをする際にも、中性洗剤を薄めたもので拭くだけで簡単に汚れが落ちます。パテを使用することでも、ひび割れの補修ができます。UVが含まれたスプレーを定期的に使用することで、色あせを防ぎ紫外線対策にもなります。

注水看板のデザインの選び方

デザインを選ぶにあたり、目立つことや注意喚起を促すことも一つですが、用途に合ったものを作ると幅広い年齢層への効果をもたらします。
店舗の場合ではスタッフの顔写真やご当地キャラなど、オリジナルの注水看板にすることで、愛着を持ってもらい不満を抑える効果をもたらします。駐車違反をしようとしている人に注意をうながすことで少なからず不満を与えることになりますが、愛着のあるキャラクターを使用するだけで、不満を和らげられるだけでなく店舗の宣伝にも繋がります。
製造業者のデザインテンプレートが多いと、選ぶ際の選択肢が増えます。ただし、企業スタッフの顔写真などを使用する際には、あらかじめ許可をとらないとトラブルに繋がりますから注意して下さい。
さらに反射シートを使うと、夜間の使用でも目立ちやすくなります。

ピックアップ記事

駐車禁止看板に注水式が多い理由

駐車場や迷惑駐車を防ぐにあたり、駐車場や歩道にてスタンドタイプの看板が使用されていますが、多くは樹脂タイプです。人と車が行き交う場所に設置されていますから、衝撃を受けることで怪我にも繋がりやすくなるた...

A型看板について

飲食店や小売店にて、A型の看板を見る機会があります。横から見た時も、アルファベットのAの形に見えることで、この名称となっていることが由来です。両面表示ができるため、店舗の紹介をするにあたりオリジナルメ...

看板におけるラミネートの役割

屋外に看板を設置するにあたり、雨風対策や見た目を考慮する必要がありますが、紫外線対策も必要です。その一つとして、ラミネートフィルムを使用することがあります。メーカーによってUVあり、機能付きという設定...

屋外看板をデザインする際や設置の際に気を付けること

より多くの人に見てもらうことで看板は大きな宣伝効果をもたらしますが、屋外に設置する際に気を付けるポイントを紹介します。ロードサイドにて設置する場合には、ドライバーが目にする際の視認時間と距離を考慮して...


利点